福島県南部の小さな町で趣味の木工にはまっています。 自宅の近くに建屋を借り工房にしています。工房の名前は「ひねもす工房」。盆と正月、日曜日以外は大体工房にこもっています。工房にこもってひねもす昼寝しているわけではなく、家具や飾り物などを作っています。今まで多くの先輩のホームページを参考にさせてもらいました。今後もそうさせてもらいますが、この辺で自分でも発信し、これから木工を始める人とか、始めたばかりの人達に少しでも役に立てればと勝手に思い込み、自分のホームページを作ってみました。作品や手作り道具の紹介とか、たまには製作の過程なども掲載していきたいと思っています。なお私は全く自己流で木工をやっており、多少危険なこともやっているかもしれません。まねされる方はあくまでも自己責任で行って下さい。またご意見、ご質問、アドバイスなどありましたら遠慮せずに、「お問い合わせ」ページにどしどしお書き下さい。

   ブログをこのページの下部に移動しました。過去10日分の記事はここで見られます。もっと以前のブログは右の欄の項目をクリックして下さい。

 

 

アクセスカウンター

2018年

5月

24日

皿作り

 欅材で皿を作り始めました。1年程前に手に入れた55ミリ厚の欅ですが、挽き割りしてみると、湿った感じがしたので、水分率を計ってみると15%でした。皿は薄いため変形しやすいので、粗挽きとし、後日仕上げることにしました。径240ミリで4枚粗挽きしました。

0 コメント

2018年

5月

23日

時計作り(その6)

  ベニヤ板でテンプレートを作り、時計下部に長方形の穴を掘りました(上左写真)。この穴の底をサンディングしました(上右写真)。この後、文字盤を入れる穴の中央を糸鋸で切り抜きました。次に文字盤と振り子を作りました。栃の板で作る予定でしたが、適当な材が無かったのでカヤの板を使いました。糸鋸で径180ミリの円盤を切り抜き、ディスクサンダーで調整し、はめ込みました。振り子はカヤの板から糸鋸で径50ミリの円盤を切り抜き、真空チャックで保持して周囲を少し低く削り、サンディングしました。バオロッサの本体に文字盤をはめ込み、振り子を置いてみました(右写真)。

0 コメント

2018年

5月

22日

時計作り(その5)

 4個目の時計を作り始めました。今回はバオロッサを使って縦長の時計を作ることにしました。幅24センチ、長さ38センチです。文字盤は径18センチの栃の板を埋め込みます。今日は文字盤を埋め込む穴をルーターで掘りました。径12ミリのルータビットの周りに外径18ミリのシリンダー状の金具を取り付けました。この金具を添わせるために5.5ミリ厚のベニヤ板に径186ミリの穴を開け、バオロッサの板にセットしました。ルーターで穴堀を開始しました(上左写真)が、バオロッサはもの凄く堅いですね。深さ12ミリ掘るために5回くらいに分けて少しずつ掘りました。穴の中央にはムーブメントを入れる穴を糸鋸で繰り抜くので、この部分はルーターで掘る必要はないので、途中で、径70ミリの円盤を穴の中央に取り付け、真ん中は残して掘りました(上右写真)。下の写真はテンプレートを取り外したところです。

0 コメント

2018年

5月

21日

高柴山のつつじ

 田村郡小野町の高柴山に登り、つつじを見てきました。小野町浮金の登山口から2キロ弱の山道を登ると頂上(884M)に着きます。つつじは満開を少し過ぎた状態ですが、見事な眺めでした。

0 コメント

2018年

5月

19日

時計作り(その4)

 接着したパドックは裏表をベルトサンダーで研磨してから真空チャックで保持してムーブメントを入れる穴を掘り、この穴をチャックで保持して表面をサンディングしました。3種の時計本体が出来たので、ムーブメントと針をセットしてみました。文字盤の数字をどうするかまだ決めていないので、針をセットして感じを見ています。オフコーポで数字セットを扱っていますが、現在欠品中です。入荷したら購入する予定です。

0 コメント

2018年

5月

18日

時計作り(その3)

 2個目の時計はエンジュで作り始めました(右写真)。裏側にムーブメント用の穴を開けてから、表に径150ミリの穴を掘り、10ミリ厚の栃の板をはめ込みました。上の写真は3個目のパドックです。板接ぎした材料から4個の三角形を切り出し、型紙を糊付けしました(上左写真)。接合部分をディスクサンダーで整え、周囲のあまり部分を帯鋸でカットしてから、ディスクサンダーで研磨し、型紙をはがしました。上右写真は接着しているところです。

0 コメント

2018年

5月

17日

時計作り(その2)

 時計作り1個目は楢材を削りました。上左写真は30ミリ厚の楢の円盤を真空チャックで保持して時計のムーブメントを入れる部分を掘ったところです。この穴をチャックで保持し、表側を削り始めたところ、虫穴が出てきました(右写真)。楢は諦め、桜材を削りました(左写真)。

0 コメント

2018年

5月

16日

時計作り

 息子の依頼で木の時計を作り始めました。1個だけ作るのは効率が悪いので、ムーブメントは3個取り寄せました。まだデザインが決まってないのですが、取り敢えず幅25センチ程の板を準備しました。左の写真の左側は桜材、右側はパドックです。パドックはJWA会員の方から頂いたテーブル天板の端切れから切り出しました。しらた付きでしたので、赤み部分を接ぐことにしました。エンジュ材もいいかなと思い、丸太から板をとることにしました。右の写真は冶具を使って、帯鋸で挽き割りしているところです。

0 コメント

2018年

5月

15日

八方ヶ原のつつじ

 今日は木工は休み、八方ヶ原につつじを見に行ってきました。八方ヶ原は矢板市の北方で塩原温泉に近い所です。ゴヨウツツジやトウゴクミツバツツジなどが今満開となっています。大間々駐車場に車を置き、往復5.5キロ程のコースを歩いてきました。標高は1200Mか1300Mあるのでしょうが、半袖Tシャツでも暑いくらいでした。

0 コメント

2018年

5月

14日

お椀の拭き漆

 午前中お椀の拭き漆をやってから歯科医院に通院しました。左の写真は3回目の拭き漆が乾いたところです。写真を撮ってから4回目の拭き漆をやり室に入れました(右写真)。室の下の方に皿を置き水を入れてタオルを入れてあります。これで温度を30度に設定しておくと湿度は60%前後になります。午後は会社OBとの麻雀をやりましたので、木工は無です。

0 コメント

いわき市文化センターで木彫展を見学してきました。